北洋の館自慢の恵比須サンマ

「恵比須サンマ」とは、当社のサンマ漁船・恵比須丸が獲り、素早く洋上凍結した鮮度抜群のサンマのこと。北洋の館では北の海でのサンマの漁獲から加工販売まで、すべてを行っています。

 

素材の良さと美味しさに自信のある恵比須サンマは北洋の館の人気商品!売れ筋No.1のぬか漬けをはじめ、桜干し、汐干し、丸干し、洋上凍結サンマをご用意。全国発送も承っております(お電話、もしくはご来店にて)。

その1  獲れたてを洋上凍結!

 

夏といえども荒波押し寄せる北の海、北方四島海域…夏から秋にかけて恵み豊かなオホーツクで大きく成長したサンマは、産卵のために海流に乗って南下します。

丸中水産の恵比須丸は、この最高に脂ののった旬のサンマを漁獲しています。サンマは熟練の漁師の手により、マイナス60度で洋上凍結!陸揚げされてから凍結する一般的なサンマとは鮮度が違います。とれたての新鮮なまま、ここ黒部市生地に運ばれてくるのです。

その2  名水の里 こだわりの水

 

北洋の館がある生地は、豊かな湧き水で有名な名水の里!地元で湧き水は清水と書いて「しょうず」と呼ばれ、大切にされています。恵比須サンマの加工にもこの清水を使用しています。

洋上凍結した新鮮なサンマの解凍は、その後の美味しさを左右する重要なポイント。1年を通じ一定の水温を保つ、豊富な清水を使うことによって、サンマの鮮度を落とすことなく解凍、加工ができるのです。


その3  地元黒部産の米ぬか

 

恵比須サンマぬか漬けに使う米ぬかは100%黒部川扇状地生まれ。霊峰立山の雪解けの名水で育った米ぬかは、風味もよく栄養満点!その米ぬかを数日かけてじっくりじっくり低温でサンマに染み込ませ、絶妙な熟成加減に達したところで真空冷凍し、美味しさを閉じ込めます。

こうして、焼いたときに新鮮な生サンマの食感を残しつつ、熟成した米ぬかの風味が口いっぱいに広がる「ぬか漬け」が出来上がります。

その4  完全手作りの無添加!

 

恵比須サンマはすべて職人の手作り。余計なものは一切使わず、無添加で作っています。サンマを干すのも天日で。加工を行う北洋の館があるのは富山湾の海岸線。いつも新鮮な潮風香るなか、日干ししています。素材の良さを存分に味わえるよう、シンプルさを突きつめました。


明治初期から昭和にかけて北の海で奮闘した越中衆たち…ここ黒部市生地の出身者も多くいました。

そんな北洋漁場開拓の歴史を今にしのばせるサンマと、自然豊かな黒部でとれる食材をなんとか融合できないか—

北洋の館では新たな「黒部の味」の開発に取り組みました。

 

北陸では古くから、脂ののった鰯や鯖をぬか漬けにする風習があり、そこからヒントを得てサンマをぬか漬けすることを思いつきました。黒部川を流れる豊富な雪解け水が育んだお米はみずみずしく、美味しさも抜群。

自慢の米からとれたぬかと、北の海で獲れた新鮮なサンマ。これら最高の食材を組み合わせることで「恵比須サンマぬか漬け」が誕生しました。

 

 

 

 


サンマの焼き方を確認!

全ての恵比須サンマ商品にいえるのはきちんと解凍して焼くこと。焼く一時間ほど前に冷凍庫から出して自然解凍してください。

サンマのぬか漬けは、米ぬかが付いたまま、もしくは、お好みで手で軽く米ぬかを落として焼きます。(恵比須サンマぬか漬けは、素材の良さが引き立つよう塩甘で作っているので、水で洗い流すと少ししょうもなく感じるかもしれません)

ホイル焼きにすると米ぬかを焦がすことなく美味しく食べられます。

 

恵比須サンマ商品は絶妙な塩加減でアツアツご飯がすすみます。酒の肴にもピッタリ。お子様からお年寄りまで、皆さまに喜んでいただけます。

 


焼くだけじゃない あっさり煮もおすすめ!

2匹は焼いて食べた。1匹余ってる…。

人気の恵比須サンマ商品は1パックに3尾入り。味に変化がほしいこともあるでしょう!そんなときはサンマをブツ切りにして、たっぷり生姜、砂糖とちょっぴり醤油で煮込めば「あっさりサンマ煮」の出来上がり。牛蒡がよく合います!

 

煮ることで程よく脂がおち、さっぱりと食べられます。洋上凍結品は生サンマなので塩気を加えて。桜干し、汐干し、丸干し、ぬか漬けなどの干物は塩をしてありますので、追加で塩を加える必要はありません。深い旨味をご賞味ください。