近海から遠洋へ…漁業の歴史を感じる場所

 

北洋の館は、もともと丸中水産の古い漁具倉庫の一部でした。大正13年造の木造建築です。かつて、サケマス流し網漁業が盛んだったころ、筋肉隆々、血気盛んな漁師たちが集い網を新造したり、女性たちが破れた網を繕ったりし、次の漁に備えていた場所です。現在、使わなくなった倉庫を改装し、生地まち歩きの休憩処”まちの駅・北洋の館”として活用されています。


館内案内

営業時間10:00~17:00     火曜定休日

 

 

カフェ&倉庫ギャラリー

夏には囲炉裏、冬には薪ストーブを囲んで。地元の方も旅の方もゆっくりと語り合っていただける空間です。ギャラリーの展示は月替わり。趣を凝らした展示を見ながら、思い思いの時間をお過ごしください。

今月の展示はこちら

カフェメニューはこちら

 

倉庫ギャラリーでは出展者を募集しています。趣味の方もプロの方も、お気軽にお問い合わせください。

出展についてはギャラリー情報にも記載しています。

 


北洋の館 販売所

恵比須サンマ商品をはじめ、黒部の名産品や全国から店長がセレクトした逸品を揃えました。数量限定!旬の商品も入荷します!

 ◆根室直送!すじこ(6月あたり~)

 ◆新巻鮭(12月ごろ)

 ◆生地漁港とれたてズワイガニ(冬)


北洋航海の歴史展示スペース

遠洋漁業を支えた位置測定機器や、北洋漁場開拓の歴史を展示しています。

沿岸から遠洋へと拡大していった漁業の流れにのって、航海計器も磁気コンパスからGPSへ。昔は位置測定機器の精度が低く、座礁や遭難などの海難事故が多く、漁師が命を落としてしまうこともありました。

苦難に耐えてきた歴代のサンマ漁船・恵比須丸に、実際に搭載されていた計器や、古い海図を手に取ってご覧いただけます。激動の移り変わりを感じていただければと思います。古い計器は見た目がレトロで素敵です。

 

話好きな社長がいれば、漁業開拓の歴史をガイドします。ご希望の方はどうぞ遠慮なさらずスタッフにお声がけください!