· 

赤いM

みなさま、こんにちは。

 

10月になって稲刈りも一段落し、気候も運動しやすい今日この頃。海に出かける方々も多いのでは?

ただ今、生地の浜にはアートが出現しております!!北洋の館のすぐ近く。歩いて1分くらい!2分かも!

 

 

反転する景色が見える蜃気楼で∞に見えないだろうか。という黒部市美術館の展示会の企画とのことです。蜃気楼、一度も見たことないや。お隣の魚津市民のみなさまは結構見てるんですかね?今年のクリスマスまでの期間限定の設置です。蜃気楼でインフィニティ・・・見られたらいいですね!

 

 

近くで見る前提で手っ取り早く、雨が降った時に濡れた地面での反射で∞に見えるんじゃと考えてしまう凡人の私。規模ちっちゃい(笑)。アートは想像力。世界観の創造!

インフィニティと同じような言葉で、エタニティもありますが、違いは?と聞かれて、なんとなく違うのは分かるんだけども言葉にしようとすると・・・ということで、今回調べてみました。

 

 ●インフィニティ(∞)=無限。次元的な広がり。

 ●エタニティ=永遠。時間的に続くこと。

 

そうそう、これこれ。どちらも果てしなく続く現象を表す言葉で、なんだか夢がありますね。秋は夜長。無限に広がる宇宙や永遠に思いを馳せるのもいいですね。実際は、ハーフエタニティリングという言葉の意味ってとかつまらないことを思いつくという。いや、半永久の指輪って本当は深い意味かもしれん!早く寝ろってね。それはさておき、生地がかっこよアートプレイス直島に一歩近づいた気がして嬉しいのでまだまだ写真載せます!

 

そこはかとなく漂う退廃感。
そこはかとなく漂う退廃感。
インクが流れているのではなく、テカッとしたシールの反射光が地面に写ってるんです(雨の日∞案いけるんじゃ?)
インクが流れているのではなく、テカッとしたシールの反射光が地面に写ってるんです(雨の日∞案いけるんじゃ?)
釣り人が居る景色にMマーク。意外と馴染んでます。
釣り人が居る景色にMマーク。意外と馴染んでます。