· 

倉庫ギャラリー2019年10月

 

皆様、こんばんは。

レジ設定がうまくいかずに残業です。カフェメニューの印字がなぜか全て「黒とろろ」になってしまいました。困惑させた皆様、すいませんでした…。

 

 

さて、10月の漁具倉庫ギャラリーは「日々、生地。」角谷祥子さんの写真展でございます。

 

 

角谷さんは生地の方でして、地元の風景を撮り続けていらっしゃいます。フォトスとやまで最優秀賞を受賞している写真家さんです。富山の写真を撮らせたらピカイチなのであります。今回はどんな生地を見せてもらえるのか☆*⋆*彡

作品をちょっとご紹介いたします。

 

 

えーお分かりかとおもいますが、カフェスタッフに頼んだところ、偏る・映り込み・ボケる、このような写真ばかりになってしまいました。郷愁漂う良い作品ばかり。生地鼻灯台も良い感じです。灯台フォトコンテストに応募して生地鼻灯台の知名度あげてみませんかーー?! ポストカードの販売も行っております。猫の可愛い。皆様ぜひぜひお越しください。

 

 

深まる秋。

もうそろそろ薪ストーブの季節。たいまつ祭り後に囲炉裏からチェンジしようかという話がぼちぼち出てきました。たいまつ祭りは今月10月26日(土)の夜!

「たいまつ祭り」は生地の中で、「えびす祭り」と双璧をなす存在です(と、私は思っております)。大きな藁柱の松明をガンガン燃やすお祭り。餅まきも!餅はなかなか取れません。なぜなら皆本気で狩りに来るから。たくさん取った方が「取れんかったんけ。ほれこれあげっちゃ。」と分けてくれるんですが、自分で取りたいんですちゃ~!今年はとれるだろうか。